北アルプス  八方尾根ルート・祖母谷ルート
後立山連峰 唐松岳周辺の登山情報サイトです
Mountain Guide 山岳ガイド 中川
  
http://www.karamatsu-guide.com
       

八方尾根ルート|  祖母谷欅平ルート 不帰の嶮ルートフラワーガイドマップインフォメーション 花開く命の季節 | アルプスの風にのせて  

 2019年の梅雨の時期~初夏の登山 八方尾根の登山道情報
 2019年7月 梅雨の時期~初夏の登山 について

2019年の春山~6月初旬 八方尾根の登山道情報

富山県と長野県の県境 
標高2696m唐松岳周辺の
登山情報をご紹介させて頂きます。

山岳ガイド 中川です

Mountain Guide : Nakagawa,
Design and Illustration by Tamayo Inlay Art,



迂回ルート通行止めのお知らせ
尾根ルート情報


インフォメーション



 フラワートレッキングマップ




 2019年 初夏の登山
 八方尾根の登山道情報


 唐松岳と八方尾根
残雪期の登山道情報


 ルート変更のお知らせ
扇の雪渓経由ルートの情報です


丸山直下 残雪ルートと
迂回ルート情報です


7月初旬 不帰の嶮Ⅱ峰北峰周辺情報

 2019年7月/梅雨~初夏の登山




 
唐松岳と八方尾根 残雪期の登山道情報
過去の唐松岳データ 2018

2018年の春山 八方尾根の登山道情報


2018年6月~初夏の山へ  八方尾根の登山道情報
過去の唐松岳データ 2018

2018年の夏山  八方尾根の登山道情報


2018年の秋山  八方尾根の登山道情報

Trail condition between Mt. Karamatsu and Babadani-onsen
秋山登山 祖母谷欅平ルート 


不帰の嶮 Ⅲ峰・Ⅱ峰・Ⅰ峰 登山道情報
 
2019年7月 梅雨時期~初夏の登山  

 残雪状況について-八方尾根⇔稜線では, 急速に融雪が進んでいます。残雪量・雪面状況は日々変化しています。
 登山ルートについて-八方尾根はルートの整備作業を行い、「扇の雪渓経由ルート」に変更となりました。八方尾根上部の区間は 尾根ルートです。登山道整備期間中は、状況に応じてルート変更を致します。登山道上の目印等ご案内を確認ください。案内の指示に従っての登下山をなさってください。

 「八方尾根第2ケルン」上部 ⇔ 「第3ケルン」周辺まで 高山植物が登山道を彩っています。→
 「下の樺」 登山道には雪はありません → 
 

 
 「上の樺基部~扇の雪渓上部」までの区間は「扇の雪渓経由ルート」に変更となりました。
7月16日現在: 上の樺下部周辺~扇の雪渓直下では 3か所の残雪があり 約15m+約5m+約3mの雪上登下山が連続します。雪面は固く凍結している箇所があり滑りやすい状態です。足もとに気をつけて登下山なさって下さい。

ルート変更のお知らせ 「扇の雪渓経由ルート」の情報
 八方尾根のルート整備作業を行いました。「上の樺基部~扇の雪渓上部」までの区間は、雪面が固く氷結している箇所があります。 ピッケルと6本爪アイゼンを推奨致します。 (白馬山案内人組合
 「丸山ケルン」下部  雪上歩行があります →
丸山直下 残雪ルートと迂回ルート情報
 「丸山ケルン」の周辺 雪は解けています → ケルンを経由して上部尾根通しへ
 八方尾根最上部 ⇔ 稜線 山荘までの尾根ルートは幅が狭いため、すれ違いの際には登山マナーを守り 慎重に登下山をお願い致します
 突風・強風時 - 風が強く当たる上部の尾根ルート上では バランスを崩さないよう歩行に注意なさってください

 装備について-八方尾根は 雪上歩行する場所が数カ所あります。ピッケル・6本爪以上のアイゼンをお持ちください。(● 融雪状況により整備作業終了後に、必要装備類をご案内予定です。それまでの期間は上記装備をおすすめ致します )
 ◎ 低温時対応の装備をお持ちください。(防寒防風雨対策) ザック内の荷物は防水携行なさってください。防寒用品 (手袋・予備の替え手袋・保温素材の帽子など) アイゼン装着ができる防水性登山靴・6本爪以上のアイゼン、ピッケル・などの装備、バックアップバッテリー・地図・ライト・日焼け止め・リップクリーム・サングラスなどもご一緒にお持ちください
肌を覆う衣類・防虫ネット付の帽子・虫よけスプレーなど 虫刺され防止対策などをご準備ください。

 登山の注意点 - 日中には気温が上がり、刻々と雪面状況が変化します
   登下山時はくれぐれもご注意なさってください
   ・気温が高い時間帯 - 雪解け時は、特に雪と地面の境に注意
   ※ 雪の踏み抜きによる足首の捻挫・怪我等にご注意ください
   ・気温の低い時間帯 - 雪面が結氷しています。転倒・滑落にご注意ください

   ・突風・強風時 - 風が強く当たる上部の尾根ルート上では、バランスを崩さないようにご注意なさってください


 「八方尾根上部」-登りの際の注意 ; 融雪に伴い 尾根ルート上から南斜面(左手方面)の夏道が見える時期となります。雪上トラバースは危険なため、夏道は見えていても通行せずに尾根ルートを登下山なさってください
 気温により残雪の雪面状況が大きく変化しますので 登下山時は足元にご注意なさってください。

 残雪期-濃霧発生時は 視界が悪くなりルートを間違えやすくなります。視界が妨げられると 方向感覚が低下する場合がありますので、下山時は特にご注意ください。
 八方尾根を下山される際は、赤い目印線や赤い布をご確認ください。
 八方尾根以外のルートでは GPS、地図等で確認し安全に行動なさってください。 

  八方尾根情報 : 山麓 ~下の樺周辺にかけてブヨ (ブユ・ブト)が発生しています。特に 曇りや雨の湿気が多い日には、肌を覆う衣類・防虫ネット付の帽子・虫よけスプレーなど 虫刺され防止対策が役立ちます。( ブヨは黒色や暗い色に寄ってきますので、首や頭髪を白いタオルで覆っているだけでも違いがあります ) 
 「 7月初旬 不帰の嶮Ⅱ峰北峰周辺情報 」
 高山植物が咲いています 
 鎌池~第2ケルン周辺  ニッコウキスゲ(ゼンテイカ)・イブキジャコウソウ・ハルリンドウ・ゴゼンタチバナ・テガタチドリ・クチバシシオガマ・トリアシショウマ
 八方池周辺  ユキワリソウ・ハルリンドウ・ミヤマアズマギク・イワカガミ・イブキジャコウソウ・ミヤマムラサキ・ミネウスユキソウ・タカネバラ・イワシモツケ・クモマスミレ・キバナノコマノツメ・ヒロハヘビノボラズ・
 下の樺周辺  ミツバオウレン・マイヅルソウ・ツマトリソウ・アカモノ・
 上の樺~丸山周辺 
 シラネアオイ・ハクサンシャクナゲ・ナナカマド・エンレイソウ・ハクサンチドリ・イワカガミ・ツガザクラ・オオサクラソウ・サンカヨウ・キヌガサソウ
 唐松岳~稜線  コマクサ・ミヤマキンバイ・クロユリ・イワウメ・イワカガミ・ツガザクラ・タカネヤハズハハコ・ミヤマクワガタ・キバナシャクナゲ・

過去の唐松岳データ
2017

2017年の春山

2017年6月~初夏へ

2017年の夏山






2018年 秋の彩を楽しむ
五竜岳・唐松・紅葉祭り

期間:2018年9月25日(火)
~2018年9月28日(金)まで
山で学ぶシリーズ 「安全登山のすすめ」
会場 : 唐松岳頂上山荘 
食堂内にて ご夕食後に 
山岳ガイド・山岳救助隊員 中川による
「安全登山についてお話の会」を
開催させて頂きました。
今秋もありがとうございました。
 

 
 
 
春のオスライチョウです     八方尾根最上部にて
 
 木の実を食べる若鳥です。母ライチョウは周囲に目を配りながら 優しく寄り添っています。
   早春・盛夏・錦秋・晩秋・初冬-アルプスの季節を楽しむ山登り ・ 皆様の安全な楽しい登山のご計画に
お役立て頂けましたら幸いです   Mountain Guide : Nakagawa, and  Tamayo Inlay Art 
 
 
Mountain Guide :Nakagawa,/ Design and Illustration by Tamayo Inlay Art,

 

Copyright © 2019 Tamayo Inlay Art.  All Rights Reserved.